健康

脂症が原因のニキビ効く!? 噂のパントテン酸を試してみた

ニキビに悩んでいる方に朗報ー!!

脂性によるニキビはパントテン酸が効くかも?

パントテン酸とはなんぞや? と大抵の方は知らないと思いますが、パントテン酸とはビタミンB5とも呼ばれ皮脂抑制に効果があるんです。

そもそもニキビは毛穴が皮脂が詰まってできてしまうもの。

皮脂はニキビの元凶です!!

皮脂抑制が行われることによって毛穴が詰まることなく、お肌のトラブルも減るんのではないかとうことなんですよね。

はいはい僕は飛びつきましたよパントテン酸に。

大人ニキビに悩まされている僕はこの魔法のような薬を早速試してみましたよっ!

僕とニキビ

中学生の頃からニキビに悩まされていた僕。
もう30歳過ぎてるので吹き出物っていうんですかね。この年になってもニキビができるんです。

僕の肌質はどちらかというと脂性です。風呂あがりも保湿なしでもカサカサにはならない乾燥肌には程遠い肌質です。

「んー、なんか小鼻を押さえると痛いかな?」と思ったら次の日にポッコリ赤くできありです。かれこれ中学生に頃からニキビと付き合っているので15年は経ちますね。

皮膚科にも通いましたが処方されるのは出来ているモノを直す西洋医学な治し方なので、患部に塗り薬を塗って治ったとしても、根本的なところが改善されていないからまたできちゃんです。かといって東洋医学の漢方も効き目がねーんだよね。

あああああ、ニキビの無限ループ・・・。

真剣に病院を探しをして自分にあった先生を探せばいいんですが、ズボラな僕はそこでのやる気は出ない。結局、通院しないといけないいのが面倒くさいんですよねー。

市販で買えるいい薬があればいいなーっと思っていました。

この皮脂さえ抑えればニキビはどうにかなるはず。

皮脂こそがニキビの元凶なんです

そこに現れたパントテン酸

パントテン酸とは

ビタミンB群に含まれる物質で、D(+)-N-(2,4-ジヒドロキシ-3,3-ジメチルブチリル)-β-アラニンのこと。かつて、ビタミンB5とも呼ばれていた。CoA(補酵素A)の構成成分として、糖代謝や脂肪酸代謝において重要な反応に関わる物質。語源はギリシャ語で、「どこにでもある酸」という意味。水溶性のビタミンで、食品中に広く存在し、通常の食生活を送る上で不足になることはあまりない。

出典元:wikipedia

通常の食生活では不足になることのないビタミンなんですね。かといて取りすぎると良くないわけでもなく、水溶性なので余分なものは尿になって排出されます。

なんでパントテン酸がニキビに効くかというと、新陳代謝を正常化、ストレスの緩和、ビタミンCのお手伝いする・・・。

調べていくうちにパントテン酸は過剰に出てしまう顔の皮脂を抑制する効果があるらしい。

詳しい効能は他のサイトで散々やっているのでそっちで調べてください。僕はただこの皮脂をどうにかこうにか抑えたい一心でパントテン酸に手を出したので知識ありません(笑)

おいおい大丈夫かとツッコミたいところですが、副作用を怖れていたらニキビに勝つことはできません!!

僕が選んだパントテン酸はコレ

コイツには一錠あたり500mgのパントテン酸を含んでおります。500mgという量はどんなものなのかとググってみると……。

成人男性の1日の目安量は・・・・・・6mg

んん!? 単位間違えてない? 500mgって目安量の80倍超えとるやん! いくら何でもこれは過剰摂取の度が過ぎてるやろ。

いやまて、余計に摂取した分は尿になって出て行くからこれだけ摂取すれば皮脂は抑えられるはず。ここで怖がっていては前に進まん。とりあえず試してみよー! ポチっと

飲み始めは多めに摂取をする

他のサイトで紹介されていたパントテン酸の飲み方は、まず最初のうちは多めに摂取すること。1日に8錠を飲んで皮脂が抑えられてきたかなと効果が見え始めてから量を減らして1日1錠を飲み続ける。

8錠って4000mgでしょ? もう1日の適正摂取量なんて無かったかのような完全無視の量。しかも購入したパントテン酸のひと粒が海外製でサイズがデカいんだな。

100円玉とほぼ同じサイズ100円玉と比較してこんなもん。アメリカンサイズなんで日本人の細い喉には飲みづらい。

とりあえず1日朝晩4錠ずつ分けてのむことにしました。正直、こんなビッグサイズな錠剤飲んだこと無かったので、こんだけの量は飲むのがちょっとしたストレスでしたね。小さい頃に錠剤が飲むのが苦手で親に叱られてたトラウマがあるから慣れるまで苦労しました。

効果が現れたのは1週間過ぎた頃

朝起きた時に小鼻のあたりの皮脂が減ったと実感したのが飲み始めて1週間過ぎたあたりでしたね。いつもならヌルっと皮脂が浮いていたんですが、確実に皮脂は減っていました。

マジで感動しましたよ。

乾燥肌である嫁よりも顔の油分が少なくなってるですよ。

ニキビも前よりもできる気配もないですし、できたとしても治りが早くなったと思います。

パントテン酸ヤバすぎる。もっと早くに出会いたかったよー。

乳酸菌と一緒に摂るとより効果がある

ようは乳酸菌を摂って腸内環境を改善し、パントテン酸酸を効率良く体内に吸収するするということです。もともとは腸内環境良くすることは、お肌にもいいですしね。

体の変化が……?

パントテン酸を飲み続けて、僕の顔の皮脂がだいぶ抑えられたので、以前よりもニキビができる頻度も減りました。

しかしですね、副作用まで行かないですがやっぱり目安の量よりも大幅にパントテン酸を摂取してるんで少なからず体の変化が出てるですよね。

肌が乾燥するようになった

皮脂を抑えて正常な肌に戻るどころか、口の周りが乾燥するようになってしまいました。

風呂上りとか保湿しないとカサカサです。ニキビが抑えられて良いのか悪いのか、反対方向の乾燥肌になってしまっては意味がないのでパントテン酸の摂取量を考えなくてはなりませんね。

あと意外な変化が鼻糞が乾燥する(笑)

パントテン酸の過剰摂取で頭がハゲる?

これは噂なのですが、パントテン酸を飲み過ぎると抜け毛が増えるようです。

飲み続けて3カ月は経ちましたが、抜け毛が増えたって感じはないので今のところ大丈夫です。これに関しては様子見ですね。

いやマジでハゲるならパントテン酸やめますよ。
ハゲるぐらいならニキビを選びます(笑)

まとめ

以上がパントテン酸を飲んでみた体験記でした。

僕のニキビには確実に効果があったと思います。皮脂も確実に減ってきたので、ニキビも繰り返すことも無く、できる頻度も減りました。

あくまで、脂症によるニキビに効くのでは? ということなので乾燥によるニキビは余計に悪化する可能性もあります。それに限らずパントテン酸は確実にニキビ効くという実証がないので、試してみる方は自己責任になるのをご了承ください。

あと、ニキビを自分で治そうと無理をするのではなく必ず皮膚科に行って見てもらいましょう。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)