2018年最新版! 初心者オススメの一眼レフとミラーレス一眼の選び方はこちら
カメラアクセサリー

ハクバのレンズペンは先端が平面の保護フィルター用を買うべし

レンズをクリーニングするときハクバのレンズペンってめちゃくちゃ便利ですよね。携帯性に優れており出先でもささっと取り出して使えるので重宝させていただいています。

ハクバのレンズペンはレンズクリーニング決定版【おすすめグッズ】出先での撮影の時、うっかりレンズの全面(前玉)に触れてしまいくっきり指紋をつけてしまうことはよくあること。こんな感じで。 ここでや...

このレンズペン。カメラやレンズのクリーニングする部位に合わせて、先端の形状が違うものが数種類ラインナップされています。

僕はレンズクリーニング目的で購入したので、数ある種類から選んだのはレンズの前玉の形状に合わせた先端が湾曲している「レンズ用クリーナー・レンズペン」なんですが……

購入すべきものは「先端が平面なレンズペン」の方だったんですよね。

なぜかというと、レンズには基本保護フィルターを付けているのでのでレンズの前玉には触れることはなく汚れないから。

クリーニングするのはレンズ保護フィルターの方なんです。

f:id:hechima_papa:20180306171838j:plain

こちらはレンズ用のレンズペンです。ちょっとわかりづらいかもですがレンズ用のレンズペンはクリーニングするチップ部の形状がレンズの前玉に合わせて少しくぼんでいます。

レンズ用クリーナーって書いているから購入したというのに、これが失敗だったんでよね。

掃除するのはレンズの前玉ではない

f:id:hechima_papa:20180306171819j:plain

ズバリ汚れるのは、レンズ保護フィルターの方なのです!

レンズに対して相当神経質な僕はレンズの前玉を裸の状態で使うことはありません。レンズを購入したら速攻で保護フィルターを付けます。

レンズ用として販売されているレンズペンってのは先端が前玉の凹凸に合わせた形状になっており、先端チップの真ん中部分がへこんでくぼんだ形になっています。

このレンズの前玉に合わせて最適化されたレンズペンだと、真っ平らな保護フィルターにちゃんと密着しないので上手にクリーニングできません。

レンズ用だと密着しない

レンズペンの先端が保護フィルターに密着せず、端っこばかりが擦れてしまうのでメーカー公称の約1,000回使用を迎える前に使い物にならないぐらいボロボロになってしまいます。

先端が平面のほうが万能的

ハクバのウェブサイトを覗いてみるとレンズペンは5種類出していますね。

  • レンズ用・レンズペン(先端が湾曲)
  • 保護フィルター用・フィルタークリア(先端が平面)
  • 液晶&レンズ用・デジクリア(先端が三角形で平面)
  • 小型レンズ用・ミニプロ(小型で湾曲)
  • ファインダー用・マイクロプロ(小型で平面)

ラインナップを見てみると1番オールマイティーに使えそうなのは保護フィルター用のフィルタークリアではないでしょうか。小型で先端が平面のマイクロプロもありますが、サイズが少し小さいかと。

レンズ用のほうは前玉の湾曲に合わせた先端だとしても、レンズによって湾曲の具合は違います。ぐっと強く押せば先端がグニャっと形状が合うかもしれませんが、神経質な僕がレンズの前玉を強く押さえてクリーニングする勇気なんてありません・・・。

レンズの前玉をクリーニングするのも先端が平面でも問題ないと思います。

まとめ

ハクバのレンズペンはクリーニングする部位に合わせて様々形状のペンをラインナップしているけど、結局先端が平面なのが一番使いやすいんです。レンズでも液晶でも、眼鏡でもいけます。

レンズクリーナー用って書いているからちょっと紛らわしいです。

何本かセットになっているものもありますが、レンズペンのいいところって1本あれば出先でも十分にクリーニングができるという点なんで、そんなに本数いらないんですよね。

今回紹介した「保護フィルター用」1本でOKです。一択です。

ではまたっ!

あわせて読みたい