2018年最新版! 初心者オススメの一眼レフとミラーレス一眼の選び方はこちら
カメラアクセサリー

カメラをはじめる上で買っておくべきおすすめ便利グッズアクセサリーまとめ

カメラグッズ

これからカメラを始めようと購入をお考えの方のために今回は『カメラを始める上で必要なグッズ・あったら便利なグッズ』を紹介。

カメラレンズ、そして写真を記録するメモリーカードさえあればいつでも撮影を始めることができます。

あと、買うべきカメラ関連とグッズといえばカメラやレンズを汚れや衝撃から守る保護グッズ、キレイに保つクリーニンググッズ。そして安全に保管するためのグッズなどなど…。

たくさんありすぎるので買いこぼしがあったり、必要の無いモノまで買ってしまいそうですよね。

ということで、このページではカメラを始める上で買うべきグッズとあったら便利なグッズをまとめて紹介します。

今回紹介する買うべきグッズ
  • レンズ保護フィルター
  • レンズフード(付属していなければ)
  • 液晶保護フィルター
  • レンズの汚れを取るレンズペン
  • ゴミを吹き飛ばすブロアー
  • カメラレンズの保管用ドライボックス
ワールドバザール
ディズニーおすすめ! 使い勝手抜群カメラバッグぽくないトートバッグ3選ディズニーで使いやすいカメラバッグとは。 結論から申し上げますと、カメラバッグとしてもっとも使いやすいバッグは肩にかけるタイプの『...

カメラレンズ保護グッズ

カメラレンズは精密機器でありガラスもふんだんに使っているので、落下させたりぶつけたり衝撃には気をつけなくてないけません。

ウン10万円もする高価なものをガシャーンっといった時…。ね、考えただけでも恐ろしい…。

ということで、大切なカメラやレンズを衝撃から守るために買うべきおすすめグッズを紹介。

レンズ保護フィルター

まずはレンズを守る保護グッズで定番中の定番であるレンズ保護フィルター。

前玉を覆ってくれるので不意にレンズを触れた時も指紋等の汚れを防いでくれるだけではなく、万が一ぶつけた時も保護フィルターが先に割れて衝撃を吸収し、レンズ本体を守ってくれる役割があります。

あとレンズクリーニングする時も実際にレンズの前玉を触るわけではないので、神経質にならず気軽に汚れを拭き取れるのもメリット。

絶対に買うべきグッズでございます。

レンズ保護フィルター購入のポイント
  • レンズによってサイズ(径)が様々なので合ったフィルターを購入しましょう
  • 保護フィルターは透過率が優れた高級品もあるが、安価なものでも十分な性能がある
  • メーカーはケンコー、ハクバがおすすめ

レンズフード

レンズフードもあなどってはいけない保護グッズ。

レンズの先端にフードがあるだけで、衝撃からレンズを守ってあげるだけでなく前玉に触れづらくなるので汚れからも守ってくれます。

注意してほしいのが、ニコンD3500やD5600にセットとなるキットレンズにはレンズフードが付属していないので、別途で購入する必要があります。

これまた必需品グッズなので購入しておきましょう。

レンズフード購入のポイント
  • 基本的にレンズフードは付属しているが、D3500やD5600レンズキットには付属していない
  • レンズによって個別のレンズフードがあるので確認してから購入しましょう
レンズフードの優れた5つの効果! これを使わないって考えられません皆さんはレンズに付属しているレンズフードを装着して撮影をしていますか? レンズフードはレンズに余計な光が入り込まないようにする目的...

液晶保護フィルター

液晶画面を守るこちらも必需品。

スマホの画面にも保護フィルターはりますよね? カメラの液晶画面も使い込むうちに傷が付きますし、今はタッチパネルになっているカメラも増えてきて指で画面を触れることもあるので保護フィルターはつけておきましょう。

液晶保護フィルター購入のポイント
  • カメラによって液晶画面の大きさが違うので要確認
  • ガラス製は傷が入りづらく見た目も綺麗だが高価
  • ガラス製ではない安価なフィルターも保護性能は十分にある

キレイに保つクリーニンググッズ

カメラやレンズを清掃するためのグッズはいろんなものが販売されておりますが、その中でも僕がオススメするのは・・・。

  • ハクバのレンズペン
  • ブロアー

この2つさえあれば事足ります。

あとはイメージセンサーを清掃するためのシルボン紙とクリーニング液があれば完璧ですが、センサークリーニングは初心者には難しいので直接メーカーに持って行ってお願いする方がいいですね。拭きムラができちゃうと何度も何度もやり直して無限ループに陥るのであんまりおすすめしません。

ということで、まずはレンズペンとブロアーを買っておきましょう。

レンズをキレイに保つハクバのレンズペン

真っ先におすすめしたいグッズがこちらの『ハクバのレンズペン』でございます。

レンズペンの先端には特殊なセーム革になっており、レンズの表面をささっと拭くだけでピッカピカ。ペンの反対側にはハケもついているのでチリやホコリも取り除くことができます。

ボールペンサイズなのでジャマにならず、出先でのクリーニングはこれ1本でまかなえるとても頼もしいグッズです。

これはマジでマストアイテムでございます。

ハクバ レンズペン購入のポイント
  • 何度も言うがマジで買っておけ!
  • 清掃の箇所に合わせたレンズペンがあるが買うのは保護フィルター用
ハクバのレンズペンはレンズクリーニング決定版【おすすめグッズ】出先での撮影の時、うっかりレンズの全面(前玉)に触れてしまいくっきり指紋をつけてしまうことはよくあること。こんな感じで。 ここでや...
ハクバのレンズペンは先端が平面の保護フィルター用を買うべしレンズをクリーニングするときハクバのレンズペンってめちゃくちゃ便利ですよね。携帯性に優れており出先でもささっと取り出して使えるので重宝さ...

ホコリを吹き飛ばすブロアー

ブロアーも必需品。

レンズ交換でブロアーを使ってカメラのミラーボックス内をシュポシュポ吹きかけることで、イメージセンサーにゴミが着くことを防ぎます。

レンズについたホコリを取るためにフーって息をきかけてませんか?

息には少なからず唾液が含んでいるので、息を吹きかけることは唾をレンズに吹きかけてるのと同じ行為。最悪の場合そこからカビ発生の原因となるので絶対にカメラやレンズに息を吹きかけてはいけません。

必ずブロアーも買っておきましょう。

ブロアー購入のポイント
  • メーカーはハクバ製のものを買っておけば間違いなし
  • 良くわからない安価なメーカーはゴムが劣化して粉を吹くので注意
  • 大小買っておくと家用と出先用と使い分けできるので便利

イメージセンサーのクリーニンググッズ

デジタルカメラはフィルムと違ってイメージセンサーが完全固定されているので、センサーについた汚れは自分でとってやらないと写真に写り続けます。

イメージセンサーに着いてしまった汚れは専用のクリーニングキットを使って清掃してやります。

ニコンからはイメージセンサーを清掃するためのキットが販売されており、必要な道具を一式揃えられるので少々値段ははりますがオススメ。

イメージセンサーの清掃は繊細なものなので失敗したくない方は直接メーカーにお願いしましょう。

ニコン おすすめ点検パック|ニコン公式サイト

キヤノン 点検サービス|キヤノン公式サイト

ソニーサービスステーション|ソニー公式サイト

そろえるのが面倒な方へオススメのセット

ひとつひとつアクセサリーをそろえるのが面倒くさいあなたへ、必要最小限のアクセサリーがセットになったものあります。

  • 標準ズーム用レンズフード(互換品)
  • 望遠ズーム用レンズフード(互換品)
  • 標準ズーム用保護フィルター
  • 望遠ズーム用保護フィルター
  • カメラボディー用ソフトケース
  • レンズ用ソフトケース
  • 液晶保護フィルム
  • ブロアー
  • レンズクリーニンズブラシ
  • レンズクリーニングクロス
  • レンズフィルターケース

カメラレンズ保管グッズ

カビから守るドライボックス

空気中に含まれているカビの菌糸がレンズに入り込んで、多湿で環境が悪いところに長時間放置しているとマジでカビが生えます。

大切なレンズやカメラを守るために湿度を一定に保つドライボックスで保管しましょう。

機材が増えたら防湿庫

ドライボックスは防カビ剤を交換している手間がありましたが、防湿庫になるとコンセントをさすだけで湿度を調整してくれる優れもの。

カメラ保管グッズ購入のポイント
  • 安価で導入しやすいドライボックスだが、定期的に防カビ剤の交換が必要
  • 機材が増えたら防湿庫がおすすめ。電動で湿度を管理してくれるので楽

あったら便利な撮影補助グッズ

これに関しては必需品ではないけど、あれば撮影のバリエーションが増えるおすすめグッズでございます。

外付けスピードライト

撮影というのは『光があって影を撮るもの』です。光をコントロールするスピードライトがあればバリーションが増えて、ますます撮影が楽しくなります。

スピードライトがあればできること
  • 室内でのバウンス撮影
  • 日中シンクロで屋外でも絞りを開けられる
  • 後幕シンクロで光の残像撮影 などなど
ハイスピードシンクロ
一眼レフで逆光を上手に撮るコツ!ハイスピードシンクロで空を青く被写体を明るく撮影しよう失敗写真でよくあるのが逆光でのシチュエーション、被写体が影になり表情がわかりづらくなってしまった写真。 最近のカメラは測光性能が上がっ...
ニコンSB-300外観レビュー
バウンスができる小型のスピードライト ニコンSB-300の開封&外観レビューもともとは一回り大きなスピードライトSB-700を持っておりまして、これはこれでとても重宝しており室内でのバウンス光、屋外での逆光撮影で...

スピードライトは別途電池が必要なので繰り返し使えるエネループを買っておくと、ランニングコストを安く抑えることができます。

スピードライトによって単三電池または単四電池なので要確認です。

カメラを固定する三脚

三脚があればカメラを固定できるので「ブレ」から完全に解放れます。これはどういうことかというと『シャッタースピードを自由に設定できる』ということになります。

滝の流れを表現するためや夜景をもっと綺麗になどなど、シャッタースピードを遅く長時間露光するためには三脚は必須グッズです。

三脚購入のポイント
  • 三脚には耐荷重があるのでカメラレンズの重さに耐えられる三脚を調べること
常備できるミニ三脚、マンフロットPIXIをレビュー今までまったくと言っていいほど三脚を使った撮影をしたことがなかったので、もちろんですが三脚も買ったことがありません。 僕の場合「三...

レリーズ

三脚と合わせて購入しておきたいのが「レリーズ」です。

せっかく三脚で固定してあるカメラもシャッターボタンを直接押すとカメラがブレたり構図が狂ってしまうので、シャッターボタンを押す衝撃が伝わらなくするためにレリーズを使います。

水準器

カメラによっては電子水準器が備わっている機種もありますが意外と精度がアバウトだったり、中には電子水準器がないカメラもあります。ニコンD5600とD3500には水準器はありません。

モバイルバッテリー

案外盲点なのがデジタルカメラもUSBから給電できるということ、ソニーのカメラはなんとモバイルバッテリーを使って充電できるんですよね。意外と知られていない事実です。

すべてのカメラがUSB給電できるというわけではないので、各メーカーの仕様を確認しておきましょう。

この商品は現在取り扱いされていません

ついでですがUSBケーブルは『Anker PowerLine+』がものすごく丈夫なのでおすすめです。僕のUSBケーブルはすべてAnker PowerLine+でまかなっております。

カメラグッズまとめ

ということで、カメラを始める上で買うべきグッズを紹介しました。

カメラレンズを衝撃から守る保護グッズ

カメラレンズをキレイに保つクリーニンググッズ

カメラレンズ保管グッズ

あったら便利な撮影補助グッズ

今回紹介したグッズはレンズの形状、カメラメーカーによって使えないものもありますので必ず各メーカーの仕様をよく読んでから購入しましょう。

あわせて読みたい