初心者おすすめの一眼レフ・ミラーレスの選び方 2018年最新版はこちら!
レンズ

この度、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを売ることになりました。

ニコンD750レンズキットを2016年12月に購入して1年と6ヶ月、撮影をしておりましたが、この度、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを売ることになりました。

24-120mmは守備範囲が広い焦点距離とズーム全域でF4。ナノクリスタルコーティングが施されているレンズで、スペック上ではいたれりつくせりなオールマイティーレンズと思います。

が、

逆の言い方をすると

そこまでいい写りをするわけでもなく、可もなく不可もない平凡なレンズ

最近はD750とD5600の2台体制で運用しているので24-120mmの出場機会が激減してしまったんですね。

  1. D5600キットレンズの導入
  2. 大三元24-70VRの導入

上記の二つを購入したので24-120mmレンズの出番が激減・・・。

使わないのももったいないし、このレンズのためを思って出場機会を得るために僕の元を離れて行きました。

要因その❶ D5600レンズキットを購入

Nikon D5600

D5600レンズキットの購入が一番大きな要因。

D5600レビュー
ニコンD5600ダブルズームキットを導入したので外観レビューしちゃうよ!みなさんこんにちは! へちま(@hechima_papa)です。 一眼レフ初心者ブログに特化するために初心者向けの一眼レフを新調...

何と言ってもD5600とAP-S18-55の組み合わせが軽くて持ち出しやすい!

AF-S 24-120mmF4は重い

フルサイズ対応で望遠120mmまでカバー。しかもズーム全域でF4なのでレンズの重量が重くなるのは当然です。

ちゃんとした重量は測っていませんが公式のウェブサイトでカメラとレンズの重量を足し算すると

D750(840g)+ 24-120mm(710g)= 1,550g

撮影メインではなくお気軽撮影ではちょっと持ち出すのが億劫になってしまう重さですね。

D750+24-120mmの組み合わせはフルサイズの良さ&幅広い焦点距離でどこでも対応できるオールマイティーなコンビなんですが、いかんせん重い。

ちょっと子どもを連れて公園に行こうと思った時もこのセットは持ち出しづらい。

D5600+レンズキットが使いやすい

D5600レンズキット686g

対するD5600と標準ズームレンズの組み合わせは686gです。2分の1以下。

ニコンD5600のコンパクトさはFXフォーマットでは到底太刀打ちできません。
お散歩でD750と24-120mmを持っていくよりD5600とキットレンズの方が機動力がまったく違います。

AF-P18-55mmの方が描写が上じゃね?

しかも、24-120mmよりもキットレンズのAF-P18-55mmの方が写りが上だったんです。

大三元顔負けの超速オートフォーカス、AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRのレビューニコンのエントリー機種D5600またはD3400にキットレンズとしてセット販売されているAF-P DX NIKKOR 18-55mm f...

これは僕の個人差かもしれませんが、D5600とD750は同じ2,400万画素、D5600はローパスフィルターレスなのでD750よりも解像度では上です。

それに、24-120mmの開放F4は思った以上に使えないのでF5.6より絞るのが常用。F5.6まで絞る標準焦点域は一眼レフならではのボケはそこまで得られないんです。

絞り値F5.6で使うならAF-P18-55mmも同じ。
D5600とD750はイメージセンサーの違いこありますが、そこまでボケがキレイでない24-120mmを使うぐらいなら、圧倒的なコンパクトさを誇るD5600+キットレンズに軍配が上がります。

要因その❷ 大三元レンズ24-70VRの襲来

24-70VR後からやってきた24-70VRは、焦点距離こそ望遠端が70mmに短くなってしまいましたが、ズーム全域で開放F2.8が使えてオートフォーカスが爆速。
もちろん描写やボケ味も24-120mmと比べてこちらの方がキレイ。しかも三脚不要の化け物級VRも搭載している。

エレクトリカルパレード
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの手振れ補正はバケモノ級!! 夜のディズニーで唯一無二の存在になる泣く子も黙る大三元レンズの一つ!! 巷では、このように紹介されているレンズ。 麻雀やらないんで大三元って文言、一眼レフはじめ...

どうせ重くなるなら大三元レンズを使った方がいい

D750+24-70VR1943g1,943gです。2キロ弱とこの組み合わせも重量級になってしまうんですが、こちらは大三元レンズ最高の描写を得ることができます。

  • 24-120mmの組み合わせで1,550g
  • 24-70mmの組み合わせで1,943g

どうせカメラが重くなるなら大三元使った方がいいじゃない? ってことに行き着きました。

今は一眼レフ2台体制を敷いている

そこでさらに小型軽量のニコンD5600を購入し、お気軽撮影モードの時はD5600を使うことになったので、今はD750とD5600の2台体制を敷いております。

本気撮影の時はD750 + 24-70VR

お気軽お散歩はD5600 + キットレンズ

または、標準焦点域をD750に任せて望遠にD5600を使う組み合わせ

標準焦点域 D750 + 24-70VR

望遠焦点域 D5600 + AF-P70-300

こんな感じで使い分けをするようになったので、便利ズームとして使っていた24-120mmの入る空きがなくなってしまい、出場機会が激減してしまったんです。

一眼レフの2台体制のメリット。標準と望遠の使い分けが最高の組み合わせかも。一眼レフって複数台いるの? サブって必要なのか?  と疑問を持つ人もいるとは思います。 一眼レフを複数持ってるってどんな金...

まとめ

24-120mmF4
  1. D5600キットレンズが使いやすい
  2. どうせ重くなるなら大三元レンズを使う

以上の2つの要因から泣く泣く24-120mmを戦力外にしてしまいました・・・。

冒頭にも書きましたが120mmまで望遠ができて、かつズーム全域F4。しかもナノクリスタルコーティングだからスペック上ではめっちゃ良さそうなレンズなんですが、そこまで良いレンズではありません。

ダメなレンズではないんですが、いたって普通のレンズだったんです。

正直24-120mmってレンズ単体で買うにはあんまりオススメしません。単体で買うとなるとニコンダイレクトで15万円ほどします。ちょっと高すぎ。

15万も払うなら中古でVR無しの大三元24-70を買ってもお釣りがきます。



レンズ単体で買うよりもD750とのセット販売で買うならありかな? っていう感じです

最後にディズニーで活躍していた頃の記事のリンクを貼っておきます。こっちはポジティブな内容ので参考にどうぞ。

レンズレビュー!AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRはディズニーランドで強い味方になるディズニーで存分にFXフォーマットの大きなセンサーで光を受け止めたいっ……! でもFXフォーマットはどうしてもカメラ、レンズとシステムが...

さよなら! 24-120mm!

Amazonでの買い物を少しでも安くしたいなら

Amazonチャージ

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にチャージして商品を購入する「Amazonチャージ」が断然お得でオススメ。

Amazonチャージで買い物をすると最大2.5%のポイントが得られます。

Amazonチャージの特徴
  • チャージ金額に最大2.5%のポイント付加
  • クレジットカードでしか買えない商品も購入可
  • 自宅でチャージ(入金)が簡単にできる
  • Amazonで販売されているほぼすべての商品に使える
  • 有効期限は10年なのでまとまった金額をチャージやすい

今までポイント0で損していたAmazonでのお買い物が「Amazonチャージ」で入金するたびに最大2.5%のポイントが付きます。

Amazonで購入する際はコレをやらないわけにはいきません!

\ Amazonチャージでお得に買い物 /

Amazon公式サイトへ
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

あわせて読みたい