2018年最新版! 初心者オススメの一眼レフとミラーレス一眼の選び方はこちら
カメラ初心者

【ニコン一眼レフ】入門機とプロ機の違い。シャッターチャンスを確実にものにするAF性能が違う

ニコンオートフォーカス一覧

「初心者が使う入門カメラとプロが使うカメラって何が違うの?」

カメラメーカーには多種多様なデジタル一眼レフカメラがラインナップされているけど、値段はピンキリ「お高いカメラはさぞ綺麗な写真が撮れるんだろうな」と思うかもしれません。

実はですね、晴天の屋外のような十分な明るさがあるシチュエーションでは、どのカメラを使ってもできあがる写真の差はほとんどないんですよね。

じゃあなんで、あれだけカメラの値段の差があるのか?

その理由に『千載一遇のシャッターチャンスを確実にものにできるか』というところがあります。値段が高いカメラというのは写真の写り以外にも、シャッターチャンスを確実にものにするためにイメージセンサー周りのカメラボディーの性能が高い。

その中でもオートフォーカス性能に格差をつけているんです。

現在、新品でも購入可能なニコン一眼レフには以下のオートフォーカスモジュールが使用されています。

  • D3400:マルチCAM1000
  • D3500:マルチCAM1000
  • D5600:マルチCAM4800DX
  • D5300:マルチCAM4800DX
  • D7500:アドバンストマルチCAM3500II
  • D500:マルチCAM20K
  • Df:マルチCAM4800
  • D610:マルチCAM4800
  • D750:アドバンストマルチCAM3500II
  • D850:マルチCAM20K
  • D5:マルチCAM20K

ということで、今回は数あるニコン一眼レフのオートフォーカスを順番に解説していきましょう。

マルチCAM1000

マルチCAM1000
AFポイント数11点
クロスセンサー数中央1点
検出範囲-1〜+19EV

主な搭載一眼レフカメラ

スペックでは1番下位に位置するオートフォーカスモジュールで主にエントリーカメラであるD3000シリーズで使用されている。今でも新品で買うことができる現行機ではD3400に搭載。

一昔前ではデジタル一眼レフの黎明期に人気を博したニコンD200にも同じマルチCAM1000が使われていた事実から、1番スペック低いからといっても性能は侮れない。

現在はDXフォーマットの入門機ニコンD3400で使われている。

マルチCAM4800

マルチCAM4800FXマルチCAM4800DX
AFポイント数39点
クロスセンサー数中央9点
検出範囲-1〜+19EV

主な搭載一眼レフカメラ

2010年の登場したDXフォーマットD7000に初めて搭載された39点オートフォーカスモジュール。DXフォーマットでは十分な範囲をカバーできるけどFXフォーマットになると少し狭く感じる。中央1点しか使わない人はそんなに気にしないか?

検出範囲は-1EVからなので暗いシチュエーションではオートフォーカスが迷う場面がある。

休日しかカメラを使わないライトユーザーならこの程度のAF性能でも満足できるけど、そこそこカメラを使うハイアマチュアにはAFが迷ったりカバーできる範囲が狭いので少し物足りないかもしれない。

FXフォーマットではDfとD610、DXフォーマットではD5600とD5300に搭載されている。

同じオートフォーカスモジュールでもDXフォーマットだとオートフォーカスの範囲が広くなる理由

FXとDXのAF範囲の違い

先ほど『DXフォーマットでは十分な範囲をカバーできるけどFXフォーマットになると少し狭く感じる』という文章に「なんでDXだと広くなるの?」 と疑問に思いませんでしたか?

図のようにFXフォーマットとDXフォーマットはイメージセンサーの大きさの違いから写る範囲が異なります。DXフォーマットはひと回り小さいですよね。

オートフォーカスモジュールのサイズ自体は同じで変わらないので、DXフォーマットはFXフォーマットと比較して写る範囲が狭い分、オートフォーカスでカバーできる範囲が広くなるということなんです。

DXフォーマットはFXフォーマットよりもオートフォーカスが使える範囲が広くなる!

ニコンカメラのFX・DX・CXそれぞれのフォーマットを解説カメラのイメージセンサーサイズはフルサイズやAPS-Cと表示するのが一般的。 https://hechima-papa.com/2...

アドバンストマルチCAM3500

アドバンストマルチCAM3500
AFポイント数51点
クロスセンサー数中央15点
検出範囲-2〜+19EV

主な搭載一眼レフカメラ

二世代前のフラグシップ機、ニコンD3に搭載された『マルチCAM3500』を改良(アドバンス)されて高画素時代の幕開けとなったニコンD800に初搭載された。

オートフォーカスポイントは51点で十分に広い範囲をカバーできる。

現在は『アドバンストマルチCAM3500II』となってニコンD750やD7500に受け継がれている。

アドバンストマルチCAM3500II

アドバンスマルチCAM3500IIFXアドバンスマルチCAM3500IIDX
AFポイント数51点
クロスセンサー数中央15点
検出範囲-3〜+19EV

主な搭載一眼レフカメラ

D750に最初に搭載され、以前よりも-3EVという非常に暗い場面でもオートフォーカスができるようになったのが進化のポイント。

名称も末尾に『II』と表示されたので全面的にスペックアップしたと思いきや、D810よりも一回り小さなD750のボディ内に収めるために最適化されたオートフォーカスモジュールだったので、オートフォーカスポイントの範囲が以前より少しばかり狭くなってしまった。

FXフォーマットではD750、DXフォーマットはD7500に搭載されている。

マルチCAM20K

マルチCAM20K_FXマルチCAM20K_DX
AFポイント数153点
クロスセンサー数全域99点
検出範囲-4〜+20EV

主な搭載一眼レフカメラ

ニコンが誇る最高峰のオートフォーカスモジュール。

FXフォーマットが誕生したニコンD3からD4sまで51点AFだったが、ここにきていきなり153点という数のパワープレイで登場したトンデモぶっ飛びなAFです。

以前までは中央に配置されていたクロスセンサーが広範囲に99点配置された。

まとめ

入門機D3400と上位機D500は撮り比べても、両カメラが吐き出す画はそこまで差がありません。

ですが、D3400の11点オートフォーカスに対しD500は153点オートフォーカスです。

動きまわるスポーツではどちらがシャッターチャンスに恵まれているかというと、いうまでもなく153点オートフォーカスを誇るD500の方ですよね。

入門機やプロ機の違いはオートフォーカス以外にも、過酷な環境でも撮影ができるようにカメラボディーが丈夫だったり、ファインダーをのぞいた時の広さや明るさ、カメラと外部機器を繋ぐための端子が豊富だったりします。

プロっていうのは写真で飯を食っているので失敗は許されません。

いかなる環境下でも確実にシャッターチャンスをものにしないといけないので、ピントを外さないオートフォーカス、壊れないカメラなどなど、写真の描写以外にも大切なパートがあるということですね。

ニコンD7500とD5600の比較
操作性良し爆速連射のニコンD7500かコスパ抜群のニコンD5600か徹底比較今回はニコンDXフォーマット一眼レフカメラD7500とニコンD5600の比較をしてみました。 ニコンD7500は上位機種であるニコ...
D500とD7500の比較
ニコンD500vsD7500の比較! D7500が勝る唯一のポイントとはニコンDXフォーマットカメラのラインナップ最上位に君臨するデジタル一眼レフカメラD500。そしてその下に位置するニコンD7500。 ...
D5600 D3500 オススメレンズ
ニコンD5600&D3500にあわせるオススメ軽量コンパクトレンズまとめせっかく良い一眼レフカメラを持っていても「重たい」とか「荷物になるから」とか、外に持ち出して写真を撮らないと非常にもったいない。 ...
開放絞り値が固定になっているF値通しズームレンズを使うメリットとは?高級レンズとして君臨している開放F値が固定されたズームレンズ。 いわゆる『大三元レンズ』というのはズーム全域で開放F値がF2.8に...
カメラグッズ
カメラをはじめる上で買っておくべきおすすめ便利グッズアクセサリーまとめこれからカメラを始めようと購入をお考えの方のために今回は『カメラを始める上で必要なグッズ・あったら便利なグッズ』を紹介。 カメラと...

Amazonでの買い物を少しでも安くしたいなら

Amazonチャージ

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にチャージして商品を購入する「Amazonチャージ」が断然お得でオススメ。

Amazonチャージで買い物をすると最大2.5%のポイントが得られます。

Amazonチャージの特徴
  • チャージ金額に最大2.5%のポイント付加
  • クレジットカードでしか買えない商品も購入可
  • 自宅でチャージ(入金)が簡単にできる
  • Amazonで販売されているほぼすべての商品に使える
  • 有効期限は10年なのでまとまった金額をチャージやすい

今までポイント0で損していたAmazonでのお買い物が「Amazonチャージ」で入金するたびに最大2.5%のポイントが付きます。

Amazonで購入する際はコレをやらないわけにはいきません!

\ Amazonでの買い物がお得になる /
Amazon公式サイトを見てみる