ディズニー雑記

スマホでファストパスが取れるようになる! 便利だけど考えられる問題点とは?

ファストパス

東京ディズニーリゾートのアトラクションで並ばずに乗車できるファストパス。

そのファストパスが2019年の夏頃をめどにペーパーレスになりスマホで取得できるようになる模様。

そこでファストパスがスマホで取得できることによって生まれるメリットをざっと考えてみました。

得られるメリット・・・

  1. ファストパス取得に並ばない
  2. 発券機まで取りに行かなくて済む
  3. ペーパーレスで紛失の心配無し

と、得られるメリットはこの3点でしょう。

その逆でペーパーレスになって新たに出てしそうなデメリット(問題点)も考えてみました。

デメリット・・・

  1. 並ばないので早いもの勝ちに?
  2. ガラケーは紙発券のまま
  3. 無駄に取得する人が出てくる

 

スマホでファストパス 得られるメリット

それではスマホでファストパス取得できることで生まれるメリットから。

以下の3点がメリットになります。

  1. ファストパス取得に並ばない
  2. 発券機まで取りに行かなくて済む
  3. ペーパーレスで紛失の心配無し

ファストパス取得に並ぶ必要無し

毎朝恒例トイ・ストーリー・マニア!のファストパス行列

そもそもファストパスって? という知らない人向けに説明しますと、人気アトラクションは通常並んで乗車する「スタンバイ」と並ばず乗車できる「ファストパス」があります。

ファストパスで乗車するには「ファストパス・チケット」が必要で各アトラクションの入り口付近にある発券機から取得します。

ディズニーシー人気No.1と言っても過言ではない「トイ・ストーリー・マニア!」は開園直後に同アトラクションのファストパスを取るために発券機に毎朝長蛇の列ができます。

マクダック・スデパートメントストアを過ぎたあたりを最後尾に列ができ、ファストパスを取るだけに30分かかるなんてこともあります。

並ばずにアトラクション乗るためのファストパスなのに、結果ファストパス取るのに並ぶという…。

開園の朝イチから殺伐とした雰囲気でファストパス取りに行くのって気分的にイヤじゃないですか?

スマホでファストパスを取ることができれば朝イチの人気アトラクションのチケットを取るために並ぶことがなくなります。

とまぁ、ファストパスの行列は朝イチだけイベントなので開園から少し時間が経てばおちついてきます。

発券機まで取りに行かなくて済む

ファストパス発券機

個人的にはこのメリットが最大の利点だと思っています。

ファストパスの最大の問題点は発券するために該当アトラクションまで足を運ぶ必要がある点なんです。

目当てのアトラクションのファストパスが欲しいけど場所が遠い場合。たとえばアラビアンコーストにいるけどタワテラのファストパス欲しいってなったら結構歩きますよね。

この時間って無駄。

歩いて取りに行っているあいだに発券時間終了なんてこともあります。

子連れの家族にもありがたいですよね。子どもは楽しいと思ったところからなかなか動こうとしないのでファストパス発券可能時間になっても簡単に移動することなんてできません。

スマホでパパッとファストパスが取れればわざわざ該当のアトラクションまで行く必要がありませんので、時間を有効に使うことができます。

ペーパーレスなので紛失の心配無し

ファストパスチケットがスマホの中にあるので無くすことがありません。(スマホごと無くしたら終わりですが…)

僕も昔やらかしかとこがあって風が強い日に5人分のファストパスチケットを発券して、発券機からチケットを取り出そうとした時にブワッと風吹いて1枚だけ遠くへ飛ばされてしまったことがあります。

その時はキャストさんに説明してパークチケットの枚数分のファストパスチケットをいただけたので事なきを得ましたが、ファストパスチケットの紛失って意外とあるものです。

入れたはずのポケットに無いとか、発券機からの取りわすれとか紛失の可能性はゼロではないです。

チケットがペーパーレス化になると物理的に管理する必要が無いので余計な心配がありません。

という感じで、スマホでファストパスが取れると得られるメリット3つ

  1. ファストパス取得に並ばない
  2. 発券機まで取りに行かなくて済む
  3. ペーパーレスで紛失の心配無し

でした。

スマホでファストパス 考えられるデメリット

それでは反対にスマホでファストパスが取れると考えられるデメリット(問題点)です。

僕が思うには以下の3つがデメリットです。

  1. 並ばないで早いもの勝ちに?
  2. ガラケーは紙発券のまま
  3. 無駄に取得する人が出てくる

並ばないので早いもの勝ちに?

タワーオブテラー

並ばないでファストパスが取れるのがウリなんですが、逆に考えると並ばないので先着順でのファストパス取得になるんじゃないかと思います。

早い者勝ちになってしまえば問題になるのが開園直後にアクセスが殺到して人気アトラクションは一瞬でファストパス発券終了になる可能性があります。

それこそディズニーシーのトイ・ストーリー・マニア!なんかは開園と同時にファストパス売り切れがありそうです。

同時にアクセス殺到による「サーバーにつながりません」的なこともあるかもしれません。

で、繋がった頃には発券終了という最悪なパターンも…。

あくまで僕個人の考えなんでその辺の対策は練られていると思いますが、『並ばない=先着順』というのが不安要素でもあります。

ガラケーは紙発券のまま

スマホではないガラケーは今まで通り発券機でチケット取得になります。

これがなんでデメリットかというと「スマホでファストパス」が実用化されると紙発券が圧倒的に不利になるからです。

発券機までの移動時間がかかるのでスマホ組とくらべるとすべてが後手に回ってしまいます。

発券可能時間になればスマホ組はその場ですぐ発券ができますからね。

開園直後の人気アトラクションのファストパスは絶対取れないでしょう。

そう考えると必ず行列ができるトイ・ストーリー・マニア!の紙のファストパスチケットはレア化するかもしれませんね。

無駄にファストパス取得する人が出てくる

時間帯か夕方に近づくとファストパスの取得が3回目ぐらいになります。

その頃にはだいたいの人気アトラクションのファストパスは発券終了になっているので、売れ残りのファストパスしかありません。

これまでの紙でのファストパスだといちいち発券機まで行ってたけど、スマホで簡単に取れてしまうので「発券可能時間になったからとりあえず取っとこう」って人が増えると思います。

しかし結果「やっぱ乗らないや」となることがあるのでファストパス自体が無駄になってしまいます。

こうなってしまうと本当に乗りたい人にとってはやめてほしい行為ですよね。

足を運ぶ必要があった紙ファストパスの「わずらわしさ」のおかげで残っていたファストパスの枠ですが、スマホで簡単に取れてしまうせいですぐに発券終了となってしまうでしょう。

スマホでファストパス まとめ

ということでスマホでファストパスが取得できるようになると考えられるメリットとデメリットでした!

得られるメリット

  1. ファストパス取得に並ばない
  2. 発券機まで取りに行かなくて済む
  3. ペーパーレスで紛失の心配無し

 

生まれるデメリット

  1. 並ばないので早いもの勝ちに?
  2. ガラケーは紙発券のまま
  3. 無駄に取得する人が出てくる

あくまで僕個人が考えるメリットデメリットなので、必ずしもこうなることではありません。

運営側も導入に向けて様々なシミュレーションをして問題点を洗い出しているはずなので、これまで以上に快適なパークで過ごせるようになると願います。

スマホでファストパスが取得できるようになるのは2019年の夏頃を予定。

ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」がオープンする7月23日までの導入を目指しているようです

ディズニー年パス購入前に知って欲しい3つのデメリット!【最新の使用不可日情報あり】ディズニー好きなら誰でも憧れる年間パスポート。 好きな時に好きなだけディズニーパークへ入園できる年間パスポートは、ユニバーサルスタ...