ディズニー雑記

子どもがいる家族でディズニー年間パス購入したけど元はとれるの?

2016年7月末から1年間、ディズニーリゾート2パーク年間パスポートを持っていました。
夢の国にいつでも好きな時だけ出入りできるチケットです。

現在ディズニーリゾート2パークに入園できる年間パスポートの価格は大人で89,000円です。1日遊べるワンデーパスポートの値段が7,400円なので元を取ることを考えると

89,000円 ÷ 7,400円 = 約12回

月に1回ディズニーリゾートの通えば年間パスポートの元が取れることになります。

年パス購入当時、娘が2歳になったばっかりだったのでディズニーで乗れるアトラクションが限られちゃんですよね。

そう、乗りたいものも乗れないんですよ。

はい。ここで「アトラクション乗れないのに年パス買うのってもったいない」と思った人。

不正解です。

実はね、僕も年パスを買うときに思ってたんです「アトラクションが乗れないのに年パス買ってもチケット代の元が取れない」じゃんって。

でもね、年パス買ってディズニーリゾートにほぼ週一で通ってみましたが『年パス代の元を取る』って考えが変わったんですよね。

チケット代の元を取ることを考えてはいけない
年間パスポートにはそれ以外にたくさんの魅力がある

年パスでいつでもディズニーに入園できることで、今までになかった『時間の余裕』が生まれたんです。

1年間通うことで『時間の余裕が一番の年間パスポートを買うメリット』だということがわかりました。

年間パスポートのメリット

冒頭にも書きましたが、年間パスポートの一番のメリットは『時間の余裕』です。

今まではワンデーパスポートでディズニーに入園していたのが、いつでも入園することができるんです。

ワンデーパスポートはその日限りなので「あれに乗って、ショー見て、このタイミングでご飯食べて、ファストパスの時間・・・」のようにスケジュールに追われて楽しいはずのディズニーがてんやわんやになってしまいます。

年間パスポートはいつでもディズニーパークに入園することができます。

今日できなかったことは後日、またディズニーに来てやればいいんです。

そう、これが年間パスポートの最大の魅力なんです。

  • 優雅に昼過ぎから入園してもいいですし、夜だけでもいい
  • 舞浜に通りかかったので入園するでもいい

思い通りの時間に入園できる「余裕」ができます。

各季節のイベントに行ける

ディズニーは季節ごとにイベントが開催していることはご存知だとは思いますが、今まで年に1回のペースで行っていたディズニーも、365日ずーっと行けるので全てのイベントに参加することも可能です。

特に開催期間が短い正月のイベントや七夕、大晦日の31日はカウントダウンイベントがあるため18時閉園となり夕暮れのファンタズミックなど貴重な体験ができます。

31日20時からのカウントダウンイベントは年間パスポートでは参加できません。

あわせて読みたい
2018ディズニーカウントダウン。経験したものだけが語る年越しディズニーの事実ディズニーファンなら誰もが憧れる年越しカウントダウンイベント『ディズニーニューイヤーズ・イヴ』 夢と魔法の国で新年を迎えられるなん...

グッズを購入するためだけに入園

先ほどと同様、ぬいぐるみバッジやスーベニアカップなどなど、各イベントごとにグッズも更新されます。

パーク外にあるディズニーお土産専門店『ボンボヤージュ』にもリゾートのグッズは販売されますが、新商品や品薄なグッズの在庫はパークに優先されるので、高いチケットを買う必要なく、年パスでササっと入園してグッズを購入するとこができます。

リッチにディナーだけ食べに行く

記念日にディズニーパーク内のレストランを予約して、ディナーだけ楽しむことができます。

「今日はランドで晩御飯食べに行くか」という思いつきなことができちゃいます。

ショーを見る機会ができる

乗り物にしか興味がない方でも今日はショーだけ見に行くと決めて入園。ショーの初日を狙うのも出来るし最終公演にも行けます。

乗りたいアトラクションがあっても余裕の後回し。また後日乗りに行けばいいんです。

大好きなアトラクションをたらふく乗る

あわせて読みたい
タワーオブテラーの高さは33mしかない! 絶叫が苦手な人も楽しめる方法、仕組みや構造を徹底紹介絶叫がどうしても無理な人向けの記事になります。 友達、彼氏彼女とディズニーで楽しいひと時を過ごしている間はいいですが、乗り物が苦手...
あわせて読みたい
ビッグサンダー・マウンテンを100%楽しむには最後尾に乗るべし!怖い人は最前列へ・・・。『ジェットコースターって先頭と最後尾ではどっちが怖いの?』ってお話をしようと思うんですが、すでにテレビ番組でやってたんですね。 結論か...

たらふくアトラクション乗ったおかげでいろんな楽しみ方を経験させていただきました。そちらの記事をあわせてお読みください〜

写真を撮りにディズニーへ

ディズニーは何を撮っても絵になります。自慢のカメラをひっさげて撮影メインでインパもできます。

あわせて読みたい
レンズレビュー!AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRはディズニーランドで強い味方になるディズニーで存分にFXフォーマットの大きなセンサーで光を受け止めたいっ……! でもFXフォーマットはどうしてもカメラ、レンズとシステムが...
あわせて読みたい
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの手振れ補正はバケモノ級!! 夜のディズニーで唯一無二の存在になる泣く子も黙る大三元レンズの一つ!! 巷では、このように紹介されているレンズ。 麻雀やらないんで大三元って文言、一眼レフはじめ...
あわせて読みたい
ディズニーリゾートでニコンD750 & 単焦点レンズ一本撮り!ディズニーでのレンズレビュー【FXフォーマット編】も今回で3回目となりました。 https://hechima-papa.com/...

新しい発見がある

今まで必死にファストパスをかき集め、乗り物のスタンバイに大量の時間を失っていました。ですが年パスを購入すると時間に余裕ができ、今まで足を運ぶことがなかった未開の地を開拓することができます。
その時に開拓したのが「ジャングルカーニバル」「シューティングギャラリー」です.

あわせて読みたい
ジャングルカーニバル
ジャングルカーニバル・ボール転がしゲームのコツ! 慌てずこれさえ守れば必ずクリアできます東京ディズニーランド、アドベンチャーランドエリア内にある1プレイ500円の『ジャングルカーニバル』 夢と魔法の国とは裏腹に、1回あ...
あわせて読みたい
シューティングギャラリーのコツ! ディズニーランド射的ゲーム即日バッジ獲得のやり方このページにたどり着いたということはシューティングギャラリーで保安官バッジを持ち帰ることができず、悔し泣きをしていたということですね??...

ランドからシーへはしごも自由

2パーク年間パスポートに限りますが、お昼にランドのクリスタルパレスでランチをして、その後シーに移動してお酒を飲みながらファンタズミックを鑑賞も可能です。

年パス保有者の優越感

これはただの自己満足ですね。年パス買った初日にパスケースに入れて首からぶら下げ、ドヤでインパでしましたね。
入園する際の機械にチケットかざしたときに鳴る音も、通常のワンデーパスと違います。

f:id:hechima_papa:20170828145216j:plainhttps://hechima-papa.com/2018-04-03-happiness-is-here-finale/
 

年間パスポートの値段(2018年3月1日より価格改定が行われました)

2パーク共通

  • 大人、高校生、中学生 89,000円
  • 小人(4〜11歳)56,000円
  • シニア(65歳以上)75,000円

※ランド、シーともに入園が可能ですが入場制限中は入園ができません。

東京ディズニーランド

  • 大人、高校生、中学生 61,000円
  • 小人(4〜11歳)39,000円
  • シニア(65歳以上)51,000円

東京ディズニーシー

  • 大人、高校生、中学生 61,000円
  • 小人(4〜11歳)39,000円
  • シニア(65歳以上)51,000円

2018年3月1日により年間パスポートの価格が値下げへ改定されましたが、同時に入園できない年間パスポート使用不可日が設定されました。

あわせて読みたい
ディズニー年間パスが値下げへ価格改定&新たに年パス使用不可日を導入東京ディズニーリゾート年間パスポートの価格が値下げされることが発表されました。 2018年3月1日以降に販売されるパスポートに適応...

年間パスポートの作り方

購入できる場所は2カ所

JR舞浜駅を降りてすぐ左、イクスピアリ内1階にある
「東京ディズニーリゾート・チケットセンター」
東京ディズニーリゾート公式サイト

もうひとつはディズニーランド入り口左側にある
「イーストゲート・レセプション」
東京ディズニーリゾート公式サイト

購入する際に必要なもの

もちろんですがパスポート代金はクレジットカードでの清算もできます。氏名と生年月日が書かれた本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、住民票、旅券、年金手帳)を準備しましょう。

写真撮影は現地で行うので、事前に準備する必要はありません。最初の受付からパスポート発行まで混雑してなければ15分程度で発行が可能。その日から1年間有効となるので即日入園も可能です。

f:id:hechima_papa:20170828145029j:plain
ワンス・アポン・ア・タイム

まとめ

年パスでは元を取るということを考えてはいけません。

大半の人は限られた1日を充実させるために、ファストパスの発行のタイミングやパレードの時間の確認、スタンバイ時間の予測など、開園から閉園までずーっと歩きまわっています。

通常ワンデーパスを買ってディズニーランドまたはディズニーシーで遊びます。
限られた1日なので、どうしても「あれもこれも」と詰め込んでタイトなスケジュールになってしまい、結局晩ごはんを食べそこねたということが起きてしまいます。

年パスだと1年間いつでも行けるので

  • 乗り物だけ乗りに行く
  • グッズだけ買いに行く
  • ショーだけ見に行く

今日入園してできなかったことは後日入園してやればいい。一年間にやりたいことを当てはめれば良いんです。

これが年パスの余裕というもので、年パスを保有する最大のメリットです。

あわせて読みたい