カメラボディー

購入前に必ず読むべき! ニコンD750 レビュー記事まとめ

へちまくん
へちまくん
ニコンD750購入前に読むべき記事を当ブログから厳選しました!

デジタル一眼レフカメラというものは簡単に買えるような安いものではないですよね。買ってから「こんなはずじゃなかった」的な後悔は避けたいもの。

ニコンD750を購入を少しでもお考えの方に実際にカメラを使用している僕がぜひ読んでほしい記事をまとめたので、購入の参考になればと思います。

読むべきニコンD750レビュー記事6選

ニコンD750

ということで、ニコンD750に関する厳選した記事がこちら!

  1. D750 今が買いな3つの理由
  2. D750の3つの欠点
  3. D750の操作性を向上させるボタンカスタマイズ
  4. D750 24-120キットレンズレビュー
  5. 相性抜群 ストラップマウントC-Loopレビュー
  6. おすすめカメラアクセサリー

①ニコンD750レンズキット今が買い時な3つの理由

ニコンD750

>>いまさら購入して大丈夫? ニコンD750レンズキット今が買い時な3つの理由

ニコンD750は2014年発売なのでそこまで真新しさを感じれるカメラではないのが正直なところ。

カメラのリニューアルサイクルから考えてみるといつ後継機が登場してもおかしくない状態であります。

要するにニコンD750はタイミング的に「買いづらいカメラ」と言えます。

購入タイミングの難しいニコンD750に二の足を踏んでいるあなたのために『今がお買い得な3つの理由』を買いた記事を紹介。

  1. 登場したばかりのカメラは値段が高いこと
  2. デジタル一眼レフはこれ以上大幅なスペックアップは望めないこと
  3. シャッターチャンスは今しかないこと

上記3つを理由にニコンD750が今が買いだということを買いてみました。

ニコンD750
いまさら購入して大丈夫? ニコンD750レンズキット今が買い時な3つの理由ニコンD750の購入を考えているけど二の足を踏んでいる方。 D750は2014年9月に販売してかれこれ結構時間が経っており後継機D...

②ニコンD750の欠点 1年半使ってみてダメな部分を3つあげてみる

ニコンD750

>>ニコンD750の欠点 1年半使ってみてダメな部分を3つあげてみる

ニコンD750が決してダメなカメラではないのですが、良いカメラこそ目立ってしまう欠点というものがあります。

画質が悪いとかそういうのじゃないですよ。

使い勝手の面で「もうちょっとこうなればいいのにな」っていう部分です。

あえてあげるニコンD750のダメなところっていうのが以下の3点。

  1. 再生ボタンが液晶画面左側で押しづらい
  2. ライブビュー時のAFが使い物にならない
  3. ライブビューボタンの位置
その① 再生ボタンが液晶画面左側で押しづらい
カメラ横向き構え

液晶画面の左側に再生ボタンやメニューボタンがまとめられているので、カメラを構えるとき右手でグリップを握って左手はレンズを支えているので撮影しながらではどうも押しづらい。

その② ライブビュー時のAFが使い物にならない
D750ライブビュー

ライブビュー時のオートフォーカスの遅さに関してはニコンD750に限らず、ニコンデジタル一眼レフカメラすべてに言えることです。

一眼レフカメラの高速オートフォーカスは『位相差AF方式』と呼ばれるもので瞬時にピント合わせができるようになっているのですが、ライビュー時はミラーアップするので高速な位相差AF方式が無効になり比較的遅いコントラストAF方式に切り替わってしまいます。

これがニコンデジタル一眼レフのライビュー時AFの遅い理由でライバルであるキヤノンはライビュー時でも高速AFを可能にした『デュアルピクセルCMOS AF』が採用されています。

ニコンデジタル一眼レフのライブビュー時のオートフォーカスの速度の点は他社に周回遅れにされていると言ってもいいぐらいダメなポイントであります。

デジタル一眼レフカメラのライビュー時AFが遅い理由はこちら

一眼レフのライブビューオートフォーカスが遅い理由はこれ! AF方式の違いを解説一眼レフカメラでのライブビュー撮影時(背面の液晶画面で撮影)。ニコンのオートフォーカス速度は死ぬほど鈍足です。 https://h...
その③ ライブビューボタンの位置
D750ライブビューボタン

ニコンD750のライブビューボタンの位置が良くなく、首からカメラをぶら下げて歩いていると気づけばベルトのバックルでライブビューボタンが押されてしまっていることが多々あります。

気づかないうちにライブビューになってしまっているので無駄な電池の消耗になってしまうんですよね。

ずっとライブビュー状態になっているもんだから異常に熱を持ってしまうのでカメラの故障の原因にもなりかねません。

ということでニコンD750のあえてあげる『ダメなポイント3つです』

  1. 再生ボタンが液晶画面左側で押しづらい
  2. ライブビュー時のAFが使い物にならない
  3. ライブビューボタンの位置
ニコンD750
ニコンD750の欠点 1年半使ってみてダメな部分を3つあげてみるニコンD750のイタダケナイところ…。 僕がニコンD750レンズキット(24-120がセットになっている方)を購入したのが、201...

③ニコンD750の操作性を向上させるボタンカスタム!

>>チャンスを逃さないニコンD750の操作性を向上させるボタンカスタムを紹介!

門外不出。僕のニコンD750ボタンカスタマイズを書き綴った記事がこちらになります。

ニコンD750には撮影者が自由に設定できるボタンが豊富にありまして、自分好みのボタン設定をすることで撮影スタイルにあったカスタマイズがすることができます。

  • ファンクションボタン
  • プレビューボタン
  • AE/AFロックボタン
  • コマンドダイヤル
  • 動画撮影ボタン

5つのボタンのカスタマイズを載せております。

中でも特に設定していただきたいのがAE/AFボタンにオートフォーカスを設定する『親指AF』と呼ばれるカスタマイズです。

親指AFを設定することで常時、置きピン・コンティニュアンスAFサーボ・マニュアルフォーカスの3つを行うことができます。

ぜひ設定するべきカスタマイズです!

チャンスを逃さないニコンD750の操作性を向上させるボタンカスタムを紹介!カメラを始めたばかりの人はボタンのカスタマイズが中々決まらないと思います。 デフォルトでも十分機能を果たせるようにできていますが、...
【親指AFが必須のワケ】AF-C・置きピン・MFが切り替え不要で行えるメリットづくしの設定どうも、マイカメラを自分仕様にカスタマイズすることにハマっている、へちま(@hechima_papa)です。 左親指を使ってオート...

④ニコンD750 & 24-120キットレンズレビュー

24-120mmF4

>>AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRはディズニーランドで強い味方になる

ニコンD750とキットレンズとしてセット販売されている AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR をディズニーリゾートで撮影した記事です。

キットレンズではあるものの黄金のNのエンブレムが神々しい「ナノクリスタルコーティング」が施されているので、レンズへの光の透過率が高く非常に描写が良いレンズであります。

焦点距離は広角24mmから望遠120mmまでとオールマイティーに広範囲にカバーしてくれるので、このレンズ1本あればたいていの撮影をこなすことができる優れモノ。

ディズニーランドのような荷物を増やしたくないテーマパークレジャー等のシーンで、レンズ1本ですませられるのがこのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRです。

レンズレビュー!AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRはディズニーランドで強い味方になるディズニーで存分にFXフォーマットの大きなセンサーで光を受け止めたいっ……! でもFXフォーマットはどうしてもカメラ、レンズとシステムが...

⑤ ニコンD750と相性抜群! ストラップマウントC-Loop

>>カメラストラップが邪魔にならない!三脚穴ストラップC-Loopレビュー

カメラストラップって邪魔になりますよね?

そんな時はカメラの底にある三脚穴に取り付けるストラップマウント「C-Loop」を使うことをおすすめします。

工具なしで取り付けることができるカメラ縦位置構え

ストラップがカメラの底に付いているので縦構図での撮影の際、ファインダーにストラップがかからないのがC-Loopの良いところ。

ぶら下げるとレンズが下向きになる

そしてレンズ先端が下向きになるので不意にぶつける心配もありません。

外れてしまうことがあるのでは? と思うかもしれませんがご安心ください。

YouTubeでは車も引っ張れるほどの強度があることが証明されているので、三脚穴から脱落することはまずないでしょう。

【C-Loop 回転ストラップマウントレビュー】カメラストラップが邪魔にならない三脚穴ストラップマウントずーっと前から思っていましたが、 カメラストラップって邪魔になるときあるよね? とっさの撮影の時にカメラを構えるとファインダ...

⑥ニコンD750に合わせて買うべきアクセサリー

おすすめカメラグッズ

>>カメラをはじめる上で買っておくべきおすすめ便利グッズアクセサリーまとめ

カメラとレンズがあっても撮影できるとは限りません!

写真データを保存するためのSDカード(記録メディア)は必須ですよね。そのほかにも機材をキレイに保つためのクリーニンググッズや埃やカビからカメラレンズを守るドライボックス。

そして撮影のバリエーションを増やすための三脚や外付けスピードライトなどなど、買っておくべき「便利グッズアクセサリー」をまとめてみました。

カメラをはじめる上で買っておくべきおすすめ便利アイテムまとめどうも、へちま(@hechima_papa)です。 いざカメラを購入したとしても、実はこのままでは撮影をすることはできません! ...

読むべきニコンD750レビュー記事6選 まとめ

ということで今回はニコンD750購入前に読むべき記事6選でした。

ニコンD750販売開始から時間が経っており確かにタイミング的には後継機が登場しそうで購入しづらいカメラではあります。

SnapBridgeが非対応だったりタッチパネルも無い2014年製で少し古さは感じるけど、今でも十分に戦える一眼レフということは確かです。

販売開始から期間が経っていることもあってD750とAF-S24-120mmがセットになったレンズキットがめちゃくちゃリーズナブルな価格で購入できちゃいます。

ぶっちゃけ『買うなら今』です。

ニコンD500かニコンD750
ニコンD500とD750で悩むなんておかしい!性格が異なる2つのカメラを徹底評価ニコンD500が世に出た当初、ちょうどD750を購入しようと貯金をしていたところにD500が登場したもんで、どっちを購入しようか悩んだ方...
ニコンD750 Z6
【カメラ比較】ニコンD750ユーザーはZ6に買い替えで幸せになれるのか? 改善される点をまとめてみたニコン待望のフルサイズミラーレスZ6とスペック的に近しい存在であるデジタル一眼レフD750を比較してみようと思います。 「ニコンD...
あなたにオススメ