カメラ本体

購入前に読むべし! ニコンD5600レビューおすすめ記事まとめ

d5600eyecatch

ニコンD5600を購入して早4ヶ月。

最近は小さくて軽いカメラのクセして中身は本格的な一眼レフなD5600に魅せられて、メインカメラであるD750を差し置いて出番が急増しております。

当ブログの方でもニコンD5600の関連する記事が溜まってきたので、今回はD5600に関する記事のまとめページを書いてみました。

まず最初にひとつ前の機種D5500との違いを知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ニコンD5600の価格は?

大手家電量販店ではD5600の価格はボディ単体で7万円ほどで販売されております。
※2018年7月時点

  • ボディ単体…7万円
  • AF-P 18-55 レンズキット…8万円
  • AF-P 18-55&AF-P 70-300 ダブルズームキット…8万円
  • 18-140VR レンズキット…10万円

時期によって値段が上下しますので、ボディ単体よりもレンズキットが安い場合もありますし、この記事を書いている時にヨドバシカメラでの販売価格を調べてみと、レンズキットとダブルズームキットがほぼ同額でした。

初めての一眼レフというならば、カメラを単体で買うよりも断然レンズとセットになっているレンズキットか、ダブルズームキットを買っておくべきです。

広角から望遠まで1本でまかなえる便利なズームレンズ「AF-S18-140VR」がセットになったレンズキットもありますが、こちらはレンズの重さが少々あってD5600との重量バランスがちょっと悪いかもです。

AF-S18-140VRクラスのレンズは上位機種のD7500の方が相性が良さそう。D5600には小型軽量のレンズが最適です。

▼ニコンD5600ダブルズームキット購入時に書いた記事はこちら

あわせて読みたい
D5600レビュー
ニコンD5600ダブルズームキットを導入したので外観レビューしちゃうよ!みなさんこんにちは! へちま(@hechima_papa)です。 一眼レフ初心者ブログに特化するために初心者向けの一眼レフを新調...

▼ニコンD5600ファーストインプレッション記事はこちら

あわせて読みたい
ニコンD5600ダブルズームキットレビュー。超軽量で広角から望遠までカバーできちゃうレジャーに最適な一眼レフかねてから小さな一眼レフが欲しくて、新しく導入したニコンD5600ダブルズームキット。 https://hechima-papa....

あえて書くD5600のダメなところ

nikonD5600

お気に入りの一眼レフではございますが、それでもやっぱりダメな部分はあります。ということで、D5600の購入をお考えの方に知って欲しい『D5600のダメのところ』の記事はこちら。

あわせて読みたい
ニコンD5600レビュー。すんごく良いカメラなのであえてダメな部分をあげてみましたニコンD5600のダブルズームキットを購入して使い始めてから約1ヶ月ほど経ったところで、D5600ついて書いてみようと思います。 ...
あわせて読みたい
ニコンD5600の致命的なところ。ライブビュー時のAFが遅すぎるサブカメラとして僕の所にやってきたニコンD5600。 1ヶ月ほど使ってみてニコンD5600の僕的に『いただけなかった部分』をひねり...

ニコンD5600におすすめのレンズ記事

D5600おすすめレンズ小柄で取り回し抜群なD5600。フットワークが軽いカメラにはやっぱり軽いレンズがお似合いです。

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

レンズキットとセットなっている標準ズームレンズAF-P18-55はステッピングモーター採用により爆速AFレンズへと生まれ変わりました。

あわせて読みたい
大三元顔負けの超速オートフォーカス、AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRのレビューニコンのエントリー機種D5600またはD3400にキットレンズとしてセット販売されているAF-P DX NIKKOR 18-55mm f...

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

ダブルズームキットには同じく爆速AFの望遠レンズAF-P70-300もすこぶる快調でございます。

あわせて読みたい
D5600とAF-P DX 70-300
ニコンAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRの外観レビューニコン一眼レフカメラD3400およびD5600のダブルズームキットに同封されている望遠レンズ。 AF-P DX NIKKOR 70-3...
あわせて読みたい
キットレンズだからとは侮れない望遠レンズAF-P DX 70-300を使ってみた感想ニコンエントリーモデルの一眼レフカメラD5600とD3400のダブルズームキットとして、セット販売されている望遠レンズAF-P AF-P...
あわせて読みたい
ドリーミングアップ
ニコン望遠レンズAF-P DX 70-300でディズニーパレード。広角端の70mmが狭すぎた?ニコンDXフォーマット専用望遠レンズAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRで東京ディズニーラン...

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

こういうレンズを待っていました。

DXユーザーが待ち焦がれていたニコン純正安価な超広角ズームレンズ。これまでのDXフォーマット専用の超広角レンズは高価なものしかなかったですからね。

あわせて読みたい
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR外観レビュー
ニコンAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR外観レビュー今回は3万円台で購入ができる超リーズナブルなDXフォーマット専用の広角ズームレンズAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4....
あわせて読みたい
AF-P10-20 レビュー
ディズニーリゾートでニコン超広角ズームレンズAF-P 10-20を実写レビュー比較的安価で導入できるDXフォーマット専用の超広角ズームレンズ。AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR...

将来に向けたレンズの選び方

今はDXフォーマットのカメラに満足していても、いつかはFXフォーマットに憧れが出てくるものです。DXフォーマット専用レンズばかり買っているといざFXフォーマット移行した時に、買い揃えたDXレンズ資産はまったく使えないものとなってしまいます。

そうならないための『将来FXフォーマット移行に向けたレンズの書い方の記事』はこちらです。

あわせて読みたい
DXフォーマット
ニコンDXユーザーの将来フルサイズ移行に向けた買うべきレンズ気づけば手持ちのレンズはDX専用のものばかりだっ…。 DXフォーマットのカメラはFXフォーマット対応のレンズを使うことができますが、そ...

スピードライトSB-300を使ってバウンス撮影をしよう

SB-300カメラ内臓のフラッシュでは正面にしか向けれないので、いかにも「フラッシュたいて撮影しました」感満載の写真となってしまいます。

そういう時は、フラッシュの向きを自由に変えられる外付けスピードライトを使い、天井に当てて全体に光を回すバウンス撮影をやってみましょう。

小柄なD5600には、同じく小柄なスピードライトSB-300がお似合いです。

あわせて読みたい
ニコンSB-300外観レビュー
小型のスピードライト ニコンSB-300の開封&外観レビュー【D5600おすすめ】もともとは一回り大きなスピードライトSB-700を持っておりまして、これはこれでとても重宝しており室内でのバウンス光、屋外での逆光撮影で...

マンフロットPIXI 小型三脚

マンフロットPIXID5600とAF-P18-55の重さは合わせて700グラムもないので、マンフロットの小型三脚『PIXI』でもしっかり載せられます。

あわせて読みたい
常備できるミニ三脚、マンフロットPIXIをレビュー今までまったくと言っていいほど三脚を使った撮影をしたことがなかったので、もちろんですが三脚も買ったことがありません。 僕の場合「三...

後継機D5700(仮称)に望むこと

D5600には大変満足してはいますが、もし後継機D5700(仮)が出るならば改善して欲しいところはただひとつ。

『像面位相差AF』の採用ですね。

旧製品となってしまったニコン1も像面位相差AFを採用して高速AFをウリにしていたように、技術的にはできないことはないと思います。

ニコンの一眼レフはライブビューのオートフォーカスが死ぬほど使い物にならないので、この『像面位相差AF』をぜひとも後継機に採用していただきたいですね。

お願いしやっす!

あわせて読みたい